1. ホーム >
  2. 規模別サービス案内

Service 規模別サービス案内

100~300人向けプラン

会社にはその規模に応じて求められる取り組みがあります。
人数規模ごとに求められる課題に着実に対応し続けることで礎は築かれ、経営基盤をより強固なものとすることができると私たちは考えます。
ここでは、100~300名の事業所向けに経営上必要とされる取り組みをご紹介します。

100~300

規模

法の要請による取り組みがより強く求められるのがこのステージです。
対応を怠った場合にはペナルティが課せられる場合もあるため注意が必要です。

アドバイス事例

問題
従業員数が100人を超えると法令による取り組みの義務が増えると聞いたんだけど、
うちは漏れなく対応できているのかどうか・・。
解決
従業員が100名を超えると、「ワークライフバランス」や「障害者雇用」など多様な働き方に対する取り組みが求められます。取り組みは様々な法律で義務化されますので、常に多くの法律改正を把握する必要があります。当法人では「コンサルティング」サービスを通して、定期的に法改正に対応できているかの診断を行います。
問題
従業員数が増えたことで「ヒト」に関する相談が多様化してきた。
うちは人事のプロフェッショナルもいないし、どうしたら良いのか・・。
解決
この規模では人事部が独立していないため、多様化する相談に対応する法律知識やノウハウが不足している企業が多いようです。当法人では、これらの企業に「アドバイザリー」サービスを提供することで、多様化する相談に迅速に対応する役割を担っています。
問題
従業員からの身上変更の連絡がまちまちで対応に時間がかかる。ワークフロー・書式の整備をして拡大の基礎固めをしたい。
解決
社会保険手続や給与計算を社内で行っている会社では、手続フローやシステムについて見直しを行う規模です。当法人では「コンサルティング」サービスを通して、最適なフローやシステムの構築、アウトソーシング先の選定等をサポートしています。

御社の状況に合わせて、今求められる取り組み、将来必要になる取り組みを分析しご説明いたします。

御社の状況に合わせて、今求められる取り組み、将来必要になる取り組みを分析しご説明いたします。

いま求められる取り組み

  • ・障害者雇用率の達成
  • ・ワークライフバランスの体制強化
  • ・多様な従業員に対応可能な人事制度の整備

将来必要になる取り組み

従業員数が300名を超えると女性活躍推進法に基づく取り組みが義務化されます。一定の条件を満たして厚生労働省の認定を受けることで公共調達実施の際に加点評価される、採用活動の際のアピールポイントになるなど企業価値の向上につながります。